悪徳商法の被害に合わないために事前にしっかりと相談をしよう!

スーツの男性

悪徳商法とは?

悪徳商法という言葉はよく聞かれるようになりましたが、実際にはどういったものが悪徳商法と言われているのかと言うと、悪徳商法というのは意図的に相手を錯誤させてしまうようなやり方で商売をしているというのがまず挙げられます。例えば、消防署の方から来ましたと言って、消火器を売りつけるといったことが流行りました。消防署から着たということを錯誤させるように言うのです。
これは1つの悪徳商法と言えます。こうした商売は詐欺に該当することもあるので、怪しい、おかしいと思った時点で相談することをおススメします。どこから購入したのかということをはっきりさせておくことですぐに対応することができます。被害を拡大させないためにも、素直に相談することが重要です。悪徳商法の被害に遭ってしまったことが恥ずかしくて相談しにくいといった人も多く、なかなか相談しにくいといったことでそこに付け込んできた悪徳商法も増えています。
悪徳商法とは現在さまざまな手口で犯行パターンも多様化しています。少しでも怪しい、おかしいと思ったら相談することで被害を減らすこともできます。もし被害に遭ってしまったら、速やかに警察に相談することで、二次被害を食い止めることにもつながります。

悪徳商法に遭ったら?

ネットが発達し始めてから、買い物などが非常に便利になった半面で、悪徳商法などが流行しているという背景があります。悪徳商法が流行してしまうと、被害にあう人も当然増えてくるのですが、仮にも悪徳商法に遭ってしまった場合はどうすればよいのでしょうか。購入された商品にもよりますが、8日以内であれば、クーリングオフ期間があるので、未使用の場合に限り返品することが可能です。
しかし、法外な料金が発生している場合は、未使用ではなくても返品が可能になります。しかし、購入する商品によってはクーリングオフできない場合もあるので注意しなければなりません。悪徳商法にあってしまった場合は、そういった法的な手続き最も必要となりますが、まず第一に警察に相談するということが重要になってきます。警察に相談するにしても、どういった被害にあったのかということをこと細かく聞かれることがあるので、答えられるようにしておきましょう。
悪徳商法は、人の善意に漬け込んで、商品を購入させることが多いので、注意しなければなりません。予めそういった被害に遭わないためにも、訪問セールスはあまり相手にしないことが重要です。それに、うまい話にはすぐ乗らないことが重要です。警察に相談するのをためらってしまうなら、家族でも誰でも必ず一度相談をしてください。

悪徳商法の被害にあった場合の対処法

悪徳商法とは販売者が違法な手段や方法を使って販売したり契約させたりする商法です。世の中には多種多様の悪徳商法が存在しています。商品価値よりもとても高い価格で商品を売りつけたり、訪問販売によって執拗な勧誘や虚偽の説明をして強引に契約を結ぼうとします。一旦契約書にサインをしてしまえば、泣き寝入りをしなくてはいけないのでしょうか。
いいえ、そんなことはありません。このような悪徳商法にはクーリングオフという制度があります。クーリングオフとは一定の期間で条件を満たしていれば、消費者が一方的に契約を解除できる制度です。しかし相手は悪徳会社です。素人の消費者がこの制度を楯に解約を申し出ても、素直に受け入れてもらえない場合も多くあります。また必ず証拠となる書面に起こしておかなければ、トラブルの原因となります。
そのためにも悪徳商法に強引な契約をさせられた場合は、クーリングオフ適用には機関の定めもありますので早急に専門の方に相談することをお勧めします。全国には消費生活センターの儲けいる消費生活相談窓口があります。ここでは消費生活全般の相談を専門の相談員が対応してくれて、サポートしてくれます。全国統一番号で局番なし「188」で消費者ホットラインに繋がります。

ピックアップ

  • 眼鏡をかけた男性

    悪徳商法をきちんと知ること

    悪徳商法とは、高額な金額で物を売りつけたりなど、今も様々な手口で消費者をだます被害が多いです。悪徳商法にも種類があ…

    more
  • 案内する女性

    悪徳商法は意外と身近にあります

    悪徳商法とは、自分には縁のないものだと思っている人が多いと思いますが、実は身近にやっている人がいたりするのです。わ…

    more
  • 握手

    いろんな手口が増えています

    悪徳商法と言えば、高額な商品を無理やり買わせるといった手口を思い受けべるのではないでしょうか。よくあったのが、羽毛…

    more
  • パソコンを使う女性

    悪徳商法にひっかかる人の特徴とは?

    悪徳商法と聞くとご年配の方をターゲットにしていると思いがちな人も少なくありません。悪徳商法の被害件数を年代別割合の…

    more
TOP