悪徳商法の被害に合わないために事前にしっかりと相談をしよう!

スーツの男性

悪徳商法にひっかかる人の特徴とは?

パソコンを使う女性

悪徳商法と聞くとご年配の方をターゲットにしていると思いがちな人も少なくありません。悪徳商法の被害件数を年代別割合の統計で見てみると、実は世代間で差は殆どないんです。ただ、お年寄りの方が高額を騙しとられるケースが多く、メディアでも取り上げられやすいのでお年寄りの方がターゲットになり、騙されやすいという先入観が植え付けられているのです。
では、どういった人が悪徳商法の被害にあいやすいのでしょうか?悪徳商法の被害にあった人の7割の人が、相手が騙そうという意思を持っていたので被害にあったと述べています。つまり、自分の判断力や知識に対しては問題がなかったと考えている傾向にあります。言い換えるならば、油断していたということです。自分は被害に合わない、大丈夫だという奢りがある人は買う予定のないものを進められたときにこそ注意が必要です。
特に悪徳商法の場合は、こちらの心の隙をついて判断力を奪わせ契約を結ばせるという手法を使います。買わせたい商品やサービスを利用しなければ、命に関わる、大きな損害が出るなど、基本的には人の不安を煽ってきます。1つだけおぼえていて欲しいことは、仮にその不安に何かしらおぼえがあるとしても、解決する方法は1つではないということです。まず誰かに相談して、その不安は本当にその商品やサービスを通さないと解決できないものなのか、冷静な第三者の目を通じて判断してもらうことも大切です。

ピックアップ

  • 眼鏡をかけた男性

    悪徳商法をきちんと知ること

    悪徳商法とは、高額な金額で物を売りつけたりなど、今も様々な手口で消費者をだます被害が多いです。悪徳商法にも種類があ…

    more
  • 案内する女性

    悪徳商法は意外と身近にあります

    悪徳商法とは、自分には縁のないものだと思っている人が多いと思いますが、実は身近にやっている人がいたりするのです。わ…

    more
  • 握手

    いろんな手口が増えています

    悪徳商法と言えば、高額な商品を無理やり買わせるといった手口を思い受けべるのではないでしょうか。よくあったのが、羽毛…

    more
  • パソコンを使う女性

    悪徳商法にひっかかる人の特徴とは?

    悪徳商法と聞くとご年配の方をターゲットにしていると思いがちな人も少なくありません。悪徳商法の被害件数を年代別割合の…

    more
TOP