悪徳商法の被害に合わないために事前にしっかりと相談をしよう!

スーツの男性

悪徳商法をきちんと知ること

眼鏡をかけた男性

悪徳商法とは、高額な金額で物を売りつけたりなど、今も様々な手口で消費者をだます被害が多いです。悪徳商法にも種類があり、手口などを知り、被害にあわないために自分で予防しておきましょう。もし万が一、被害にあった場合などはクーリングオフなどもありますので、クーリングオフのことは知っておくとよいです。
悪徳商法の種類で多いのは、デート商法、アポイントメントセールス、資格商法、在宅ワーク商法、睡眠商法、点検商法、送りつけ商法、架空請求、などの手口がありますので、身に覚えのない請求がきたり、税務署などといって電話がきたり、在宅の仕事などでも被害にあったりすることがあるので、心配な人は、自分だけで判断しないで、何人かの人にも相談するようにして下さい。
もし被害にあった場合のクーリングオフですが、クーリングオフができるかどうかは、契約に至った経緯や契約した場所や取引した内容などの違いで判断されるので、必ず契約内容を確認しておいてください。訪問販売で自宅での契約や、レストランや喫茶店などの契約、声をかけれて店舗に同行して購入した場合などは、クーリングオフができる対象になることがほとんどです。クーリングオフは、1週間から10日ぐらいがほとんどなので、きちんと書面を見ておきましょう。

ピックアップ

  • 眼鏡をかけた男性

    悪徳商法をきちんと知ること

    悪徳商法とは、高額な金額で物を売りつけたりなど、今も様々な手口で消費者をだます被害が多いです。悪徳商法にも種類があ…

    more
  • 案内する女性

    悪徳商法は意外と身近にあります

    悪徳商法とは、自分には縁のないものだと思っている人が多いと思いますが、実は身近にやっている人がいたりするのです。わ…

    more
  • 握手

    いろんな手口が増えています

    悪徳商法と言えば、高額な商品を無理やり買わせるといった手口を思い受けべるのではないでしょうか。よくあったのが、羽毛…

    more
  • パソコンを使う女性

    悪徳商法にひっかかる人の特徴とは?

    悪徳商法と聞くとご年配の方をターゲットにしていると思いがちな人も少なくありません。悪徳商法の被害件数を年代別割合の…

    more
TOP